R1150RT カウルの脱着

14 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらながら、R1150RTのカウルの外し方を記事にしときます。
何といってもメンテの基本ですし、私自身このバイクを買おうとしていたとき、カウルをどのようにして外すのか?自分で外せるのか疑問だったから。これからR1150RTを買ってDIYでメンテしてやろうという奇特な粋なライダーのために!


準備するもの
トルクスT25
六角ビット 3mm
ウエス又はガムテープ

トルクスはドライバータイプがおすすめ。L型のやつでも外せるけど、数が多いので疲れると思う。

開始!

まず、パニアケースを外して


前後のシートを外す


写真のように、ミラー下にウエスを挟み込んで・・・・・


ミラーの外端を鏡の面から前方へ手のひらで叩きます。

すると、こんな感じでミラーが外れます。


ウインカー電球のソケットをつまんで回せば抜けます。

これでミラーはフリーに。外したミラーは蹴飛ばさないところに置いときます。
ブラブラしてる電球はそのままでも良いですが、気になる方はプチプチ等で養生しとけば安心です。


次にカウルの底のやつ(ベリーパンというらしい)を外します。3mmの六角スクリューを左右で4本を外す。


このとおり!


同じ工具を持った手で、シート下にある六角頭のファスナーをCCW90度ひねって引っかかりを外します。


プラスチックのカバーにあるツマミをCCW90度ひねって引っかかりを外します。


そしてプラスチックのカバーを外します。キノコ状のポッチが車体側のゴム製グロメットにはまってます。右はサクッと外れますが、左はメインスタンドをかける時のハンドルがあるので、ハンドルを上下に動かしながら上手くかわして取り外す。


矢印のところに小さなツメがあるので注意


さーて皆さん!まだまだ続きますよー!

トルクスT25を使ってトルクスネジをひたすら外します。

まずここから。この位置の左右のネジはちょっと長いやつなので区別しておくこと。


矢印のとこのネジ4本を外します。


矢印のネジ3本を外します。


隠れるように配置されているネジ4本を外します。


オイルクーラー脇のネジは忘れやすいので特に注意!



たくさんネジを外しましたが、やっとこれからカウルの嵌めあいを外していきます。

まずカウルの前方にプレートナットがあるのでそれを覆うようにウエスを当てます。ガムテープでもオッケー


こんな感じで


先にシート下の90度回しておいた六角ファスナーのところを引っ張って外す。(黄色四角のところ)


タンクの上の前後に走る合わせ目を外す。

こんな感じで


ミラーが付く位置の前方に、長いツメがトップカウルに入り込んでいるのでそのツメを外側へ出す。決して無理してはいけません!
カウル後端を持ち上げるようにしてカウル前端を下げるようにする。

ツメが折れたら価値が下がります。

エキパイ下のところでカウルの一部がシリンダーフィンに引っかかることがあるので注意。


ツメが外れたら


やっとカウル全体が取り外せます!


取れた~

反対側も同じことやります ヒー

取付けはこの逆の手順ですが、注意事項は・・・・・
ネジがたくさんあるので締め忘れに注意。

手順を列記すると複雑っぽいですが、慣れれば両側片側10分くらいで外せます。
ページトップ